読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1Q84

まだ途中だけど、これなんておやすみプンプン

え、どういうこと、と調べたら、おやすみプンプンの連載開始の方が先だな。

村上春樹はスピリッツ読むんだろうか…読まないだろうな。

ということはあの年代になんかこういうことを描きたくなる時代性があったのだろうか。

オウム事件が起こった時は本当に終末感があったものだ。

そこから作品に昇華するには、15年程度必要だったということか。

おやすみプンプンはもっと評価されていいんじゃなかろうか。

1Q84よりもよっぽど現代的で、よっぽどリアル。

村上春樹にはやっぱりどこか甘えがあるように思ってしまう。

あのおしゃれな文体と舞台装置、それに完璧な人物像がいけないんだと思う。

ファンタジーとして読めばいいんだろうが、そうするとやはり共感性が減ってしまう。